書類

現金主義でしたので、今までにローンやクレジットを組んだことがありませんでした。携帯電話ですら、現金で購入しています。

独身ですので、充分に贅沢が出来ていました。そのかわり、大した貯金はありません。それが心配になり、老後に向けて貯金をすることにしました。計画的に暮らしてゆくためには、ローンやクレジットで買い物をし、現金を残すというのもいい手だと考えました。

 

欲しい車ができて、残価設定ローンの対象となっていましたので、それを利用しようと申し込みました。
するとまさかの否決。全く身に覚えもないことから、ただただ驚いてしまいました。知人にそのことを話すと「知らないうちに何かのトラブルに巻き込まれている可能性がある。信用情報機関で自分の信用情報を開示してみるべきではないか」とアドバイスされました。ネットで調べると、開示手続きをネットで完了できる会社もあり、かなり簡単でした。主たる信用情報機関の登録情報を開示しましたが、全く問題がありませんでした。全く情報がないのです。

 

これでなぜ否決になったのかわかりませんでした。調べてみると「いい年で全く情報がないのは何かの訳があるのでは」と取られることもあるそうです。クレジットヒストリーを積み重ねることは、大切な事なのだと初めて知りました。
審査が柔軟なクレジットカードや少額のローン、携帯電話の分割あたりからクレジットヒストリーを作っていこうと考えています。